眠れない。

この時間まで眠れないともはや徹夜した方がいいかもしれないとさえ思えてくる。

 

こういう時、難解な書籍にトライすると眠れるという都市伝説があるので、試しにこんな本を読んでみた。

 

確率論 講座数学の考え方 (20)

確率論 講座数学の考え方 (20)

  • 作者: 舟木直久
  • 出版社/メーカー: 朝倉書店
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本
  • クリック: 34回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 測度論的確率論の入門書?なんだろうか。

さてこれさえ読めばぐっすり朝まで安眠だ、とか思いながらページを繰ると、思いの外手が進む。説明が丁寧で分かりやすい。

しかし数式が全然頭に入ってこない。

 

そういえばこの本で撃沈して集合・位相を勉強しようと思ったんだっけ、とか、そもそも大学の時にお手軽な方の数学コースを選んでなければ、結局もっと楽に数学を学べたのに、とかいろいろ思い出しはするものの、

全然眠くならない。

……さてどうしようか。

こうしてブログを書く余力があるくらいなので、たぶん徹夜コースですね、これは。