内定が決まる理由

「内定が出るか出ないかは、面接で決まる」

当たり前です。

当たり前の話ですね。

筆記試験やエントリーシートを省く企業はありますが、採用過程で面接を省く企業は存在しません。

内定を得るために最も大切なのは面接での出来なのです。

その大切な面接にぶっつけ本番で挑もうとするなんて無謀なことだと思いませんか?

面接で長所、短所について質問された時に、ただ単に長所・短所を答えるだけだと多くの人の中の一人という印象しかもたれなくなってしまいます。ここではそうなってしまうことを防ぐために意識しておく必要があるような項目をまとめていきたいと思います。

自分の面接を第三者に見てもらう

内定が出ないということは、自分の面接態度のどこかに問題があると言うことです。

それは、話す内容かもしれません。話し方かもしれません。立ち振る舞いかもしれません。

結果が出ないということは、何かが「悪い」ということですが、それに自分で気付くことは容易ではありません。

しかし、第三者から見れば一目瞭然なことも多々あるのです。

相手はキャリアセンターの人か、友人か


最も簡単に面接の練習が出来るのは「友人」です。

シチュエーションや場所を難しく考える必要はありません。

大学の空き教室や、ラウンジなど、ある程度静かな場所ならばどこでも大丈夫です。

また、「友人には頼みづらい」という人はキャリアセンターの職員にお願いしてみてください。

どこの大学でも就職支援の一環で「模擬面接」を行っていますし、行っていないにしても提携している就活団体や実施ゼミを紹介してくれます。

恥ずかしがらずに通しでやってみる


面接の練習をする上で大切なのは「恥ずかしがらないこと」

恥ずかしがってイチイチ止めたりせずに、出来るだけ本番の面接に乗っ取った質問を一通りやってみましょう。

「自己PR」「志望動機」「学生時代に力を入れたこと」etc

などを聞いてもらい、相手に気になったことをアドリブで聞き返してもらってください。

相手には同時進行で気になったことをメモしてもらい、一通り終わってから改善点を話し合うのです。




面接に受かる魔法の言葉 とは?

http://bit.ly/18UPmDD




まとめ

内定の有無は、面接の内容で決まります。

結果が出ていないのならば、面接の練習を行ってみてください。

自分では気付かない改善点があっさりと見つかるかもしれません。